シンガポールでの会社設立

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と色々と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社
設立について色々と。
日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。
会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。
永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。
会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。
会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。
シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社設立について色々と。

日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。

会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。

シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

シンガポールのデータセンターを使って、タイでサービスを展開するプランも検討中です。

コメント

コメントする