海底ケーブル

12月10日 KDDIがGoogleや各国のテレコム系の会社と共同で、日本~シンガポール間のアジア最大規模の海底ケーブル(SJC)を総工費360億円で建設することに合意したそうです(KDDIのニュースリリース)。

日本がハブとなり、シンガポール、香港、フィリピン、インドネシアなどのアジア各国とアメリカを安定して接続するための海底ケーブルです。運用2012年に開始される予定で、初期の容量が17Tbpsで最大23Tbpsまで拡張が可能だそうです。

日本に接続されている国際海底ケーブルは2000年以前のAPCN(10Gbps)、SEA-ME-WE3(40Gbps)、2001年のJapan-US CN(400Gbps)、2010年の春から運用されるUnity(4.8T/最大7.68Tbps)となりますが、SJCは17Tbpsなので、最強の容量を持つ回線となります。Googleが参加しているのもSJCが楽しみな要因の一つです。

日本~シンガポール間が強くなる事は、日本~タイ間のインターネットにも少なからず影響があるので、2012年の運用開始が楽しみです。写真は海底ケーブルの実物です。最先端のデジタル技術は、アナログが支えています。

コメント

コメントする