タイ・タイ人のルーツ

意外ですが、タイの語源は漢字の「大」で、大(dai)が訛ってタイ(thai)になったというのが有力な説だったりします。
タイ語では「タイ(Thai)」とは、タイ人という意味以外にも「自由」という意味があります。これは「大」という漢字には”立派な”という意味があり、”立派な”が転用され「立派=奴隷ではない」→「自由人」となったようです。
面白いのですが、必ずしもタイ族=タイ人ではありません。タイ族は以前は中国雲南省の南部に住んでおり、先祖は中国の三国志などで有名な「南蛮」と呼ばれた人たちです。三国志時代の孟獲という酋長は、蜀漢から御史中丞という州の長官を監督する官職を与えられたので、漢族とタイ族の混血と一説では考えられてます。
漢民族の移動により、タイ族は雲南省から南下する事を余儀なくされます。タイ族は、いまのメナム側・チャオプラヤー川の下流に移住したシャム人(小タイ族)、ミャンマーへ移住したシャン族、メコン川(現在のタイとラオスの国境を流れている川)の上流に定住した西北タイ族(ユワン族)、メコン川から東へ移動したラーオ族、インドのアッサム地方に移住したアホム族、ベトナム北部や海南島などに移住しました。
メナム側の下流を移動し、先住民族のクメール族を退けてスコータイ王朝を打ちたてたシャム人(小タイ族)です。メコン川を上流移動した西北タイ族はチェンマイを首都としたラーンナー王朝を建国します。ランナー王朝は現在のタイの王朝であるチャクリー王朝(1782年建国)の時代に合併し、シャム人・小タイ族と同化しました。
ちなみに、チェンライを経由してメコン川の東に移動したラーオ族はラーンサーン王国を建国しますが、南詔国(ナンチャオ王国)から移動してきたチベット・ビルマ語族に破れ、現在はラオスやタイのイーサーン(東北地方)などに住んでます。そのため、ラーオ族=ラオス人でもない訳です。
長くなりましたが、いまのタイ人とは、シャム人(小タイ族)とランナー人(西北タイ族)が主として構成された人たちで、彼らがタイを形成しました。

意外ですが、タイの語源は漢字の「大」で、大(dai)が訛ってタイ(thai)になったというのが有力な説だったりします。

タイ語では「タイ(Thai)」とは、タイ人という意味以外にも「自由」という意味があります。これは「大」という漢字に”立派な”という意味があり、”立派な”が転用され「立派=奴隷ではない」→「自由人」となったようです。

これも意外ですが、必ずしもタイ族=タイ人ではありません。タイ族は以前は中国雲南省の南部に住んでおり、先祖は中国の三国志などで有名な「南蛮」と呼ばれた人たちです。三国志時代の孟獲という酋長は、蜀漢から御史中丞という州の長官を監督する官職を与えられたので、漢族とタイ族の混血と一説では考えられてます。

漢民族の移動により、タイ族は雲南省から南下する事を余儀なくされます。タイ族は、いまのメナム川・チャオプラヤー川の下流に移住したシャム人(小タイ族)、ミャンマーへ移住したシャン族、メコン川(現在のタイとラオスの国境を流れている川)の上流に定住した西北タイ族(ユワン族)、メコン川から東へ移動したラーオ族、インドのアッサム地方に移住したアホム族、ベトナム北部や海南島などに移住しました。

メナム川の下流を移動し、先住民族のクメール族を退けてスコータイ王朝を打ちたてたのがシャム人(小タイ族)です。メコン川を上流移動した西北タイ族はチェンマイを首都としたラーンナー王朝を建国します。ランナー王朝は現在のタイの王朝であるチャクリー王朝(1782年建国)の時代に合併し、シャム人・小タイ族と同化しました。

ちなみに、チェンライを経由してメコン川の東に移動したラーオ族はラーンサーン王国を建国しますが、南詔国(ナンチャオ王国)から移動してきたチベット・ビルマ語族に破れ、現在はラオスやタイのイーサーン(東北地方)などに住んでます。そのため、ラーオ族=ラオス人でもない訳です。

つまり、いまのタイ人とは、シャム人(小タイ族)とランナー人(西北タイ族)がから構成された人たちで、彼らがタイを形成してます。陸地続きだと、民族の歴史が複雑系になりますね。。。

シンガポールでの会社設立

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と色々と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社
設立について色々と。
日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。
会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。
永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。
会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。
会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。
シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社設立について色々と。

日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。

会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。

シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

シンガポールのデータセンターを使って、タイでサービスを展開するプランも検討中です。

タイでのサービス提供

外国人がタイでサービスを提供するには、タイの会社と代理店契約を結ぶか、タイで会社を設立するかの2パターンがあります。これ自体は世界共通ですが、タイでは株式の半数以上を外国人が持っている企業は外国企業とされ、サービス業への参入が認められてません。

サービス業とは、経理、法律、不動産、広告、仲介・代理店、理髪・美容、小売・卸売などで、これらは規制業種とされ、外国の企業がサービスを提供するとができません。インターネットのビジネスモデルの多くは、タイでは規制業種となるのが頭の痛いところです。

日本人が経営するタイの会社は、株式の半数をタイ人の方に持っていただいている会社がほとんどです。タイ人の方に51%の株式を持っていただき、会社の代表権は日本人経営者が持つパターンです。株主総会でタイ人の株主が代表者を解任できないように、定款を操作することも可能なようですが、タイ人の弁護士から非常にグレーな方法であると聞いた事があります。

タイで流行っているSNSのhi5のように、タイ国内には営業拠点を持たず、タイの会社と代理店契約を結びサービスを提供する方法もありますが、タイの会社との信頼関係、サービスが一定のレベル以上に完成していること、などが前提となり、サービスのリリースが遅くなる・難しくなるパターンが多い気がします。

以前、外国から日本に参入する企業のお手伝いをしたことが何度かありましたが、成功する企業に共通していたことは「如何に早く日本に拠点を設けられたか」ということでした。逆に、日本に拠点を持たずに、代理店だけを頼りにビジネスをするスタイルの企業は、非常に苦労をしていた印象があります。

タイ人51%・日本人49%の現地法人を設立するパターン、代理店を通してビジネスをするパターンのいずれも一長一短なので、何を優先させるかを早い段階で決断し、ブレない事がタイでサービスを提供する際のカギになると思います。

日本にいる外国人

先日、山の手線に乗っている時に、タイ語を話している人達が。旅行者かなと思ったのですが、服装が日本風だったので、日本に住んでいる方のようでした。日本で聞くタイ語は新鮮で、自然に話しかけたくなります。全然しゃべれませんが。。。

2008年日本にいるタイ人は約42,500人。タイには約43,000人の日本人が住んでますが、ほぼ同じ数だったりします。タイから日本への年間の旅行者は約192,000人なので、山の手線でタイ語を聞いたとしても、全然不思議ではないです。ちなみに、日本からタイへの旅行者は年間1,1000,000人。ほとんどの人はバンコクに行くので、バンコクで日本語を聞くのは当然ですね。

日本に居る外国人は約2,200,000人。1位中国650,000人、2位韓国589,000人、3位ブラジル312,000人、4位フィリピン210,000人、、、と続きます。東京には約18%の400,000人が滞在してます。池袋で外国人相手に不動産を斡旋するビジネスをしている知り合いがいますが、年間約60,000人~70,000人のペースで日本に滞在する外国人が増えているので、日本の外国人向けのビジネスは益々成長する市場ですね。

日本の携帯メールってなに?

先のエントリーでSMSが主流だと書きましたが、技術的に進んでいるのは当然、日本の携帯メールの方です。

日本の携帯メールは、少しだけ特殊なe-mail・インターネットメールです。SMSが日本で流行らなかったのは、携帯のキャリア間でメッセージの交換ができなかったからです。本来であれば、SMSをキャリア同士で使えるようにすれば良かったのですが、日本の通信技術が進んでいたので、SMSではなくて携帯メールを先にキャリア間で使えるようにしました。

携帯メールはインターネットを経由して配送されますが、各携帯会社は独自のプロトコル(通信手段)を持っており、ユーザがメールを送信する際には、独自のプロトコルをメール・ゲートウェイでMIME(インターネット用のメール形式)に変換し、SMTPで送信するという処理をしてます。受信する際にも同じ処理を行っており、メール・ゲートウェイでMIMEから独自の仕様に変換するという処理をしてます。

ドコモ、au、ソフトバンクがもっと協力すれば、携帯先進国の日本式が世界のスタンダードになると思うのですが、勿体ないですね。世界のインターネットはまだ遅いので、携帯で快適にインターネットをするにはまだ時間がかかりそうですが、中国・ベトナム・インドネシアと東・東南アジアでも3Gの波が徐々にきているので、3Gのビックウェーブに乗ろうと試行錯誤中です。。。

世界はSMSです

タイの携帯がSMSなので「遅れているな~」と思ってしまいますが、実は遅れているのは日本で、世界ではSMS市場が急成長中です。

SMS(Short Message Service)とは、携帯電話で電話番号宛にメッセージを送信、受信するサービスのことです。送信者が料金を払い、受信者は無料で受信が基本です。

日本では相手の携帯メールアドレスが分からない時に、利用されるくらいのマイナーなサービスですが、全世界ではSMSのメッセージ通信が主流です。現在の世界の市場規模は約10兆円で、2011年には17兆円規模にまで成長すると予測されています。

利用者は約25億人(世界の人口が68億3000万人なので3人に1人が利用)、ヨーロッパでは2009年の元旦に1億6000万のメッセージが送信され、イギリスでは2008年の1年間で800億メッセージが交換されたようです。

GSM(デジタル携帯電話の世界基準の通信方法)方式のほとんどの携帯電話事業者が、他のネットワークにメッセージを受け渡すためのゲートウェイを持っているため、キャリアが違ってもSMSの送受信ができます。また、文字コードがユニコードなので、シングルバイトの英語などの言語以外(タイ語や日本語・アラビア語)でもやり取りが容易です。GSM方式のヨーロッパ~東南アジアまでのユーラシア大陸、アフリカ大陸でSMSは普及し続けています。

技術的には日本の携帯メールに分がありますが、世界の人はSMSを使っているので、日本は世界のメール市場から置いていかれている状況です。とりあえず、SMSビジネスに乗っかりたいですね。

海底ケーブル

12月10日 KDDIがGoogleや各国のテレコム系の会社と共同で、日本~シンガポール間のアジア最大規模の海底ケーブル(SJC)を総工費360億円で建設することに合意したそうです(KDDIのニュースリリース)。

日本がハブとなり、シンガポール、香港、フィリピン、インドネシアなどのアジア各国とアメリカを安定して接続するための海底ケーブルです。運用2012年に開始される予定で、初期の容量が17Tbpsで最大23Tbpsまで拡張が可能だそうです。

日本に接続されている国際海底ケーブルは2000年以前のAPCN(10Gbps)、SEA-ME-WE3(40Gbps)、2001年のJapan-US CN(400Gbps)、2010年の春から運用されるUnity(4.8T/最大7.68Tbps)となりますが、SJCは17Tbpsなので、最強の容量を持つ回線となります。Googleが参加しているのもSJCが楽しみな要因の一つです。

日本~シンガポール間が強くなる事は、日本~タイ間のインターネットにも少なからず影響があるので、2012年の運用開始が楽しみです。写真は海底ケーブルの実物です。最先端のデジタル技術は、アナログが支えています。

タイのデジタルデバイド

先月末にタイを訪れた際、何人かのタイ人のフリーランサーに会う機会がありました。

“タイ人は映像に強い”という印象が以前からありました。先日お会いしたフリーランサーの方は、どの方も映像・アニメーションのスキルが高く、レベルの高さに少なからず驚きました。10ページ程度のサイトであれば、35,000B(日本円10万円前後)~で請け負ってくれるようです。

タイのインターネット世帯普及率は8.6%(約580万人)、首都バンコクでも27.2%です。2009年の日本の普及率は75%前後です。今のタイの普及率8.6%は、日本だと1998年前後の水準です。

タイ人のクリエーターと話していて、タイではデジタルデバイド(インターネット・パソコンに関する知識の差から生じる格差)が顕著に起こっているんだな~と感じました。日本でも10年くらい前はデジタルバイドが色濃く、ホームページを作るだけで儲かりました。ですが、徐々に作ること自体が重要ではなくなりました。ホームページをどのようにビジネスに繋げるか、マネタイズするかが重視されるようになった日本では、ホームページを作るだけで儲かるのは稀になったと思います。ウェブ制作のクリエイターが、一般的なサラリーマンよりも稼ぐ事が難しいのが今の日本の状況です。当時フリーランサーだった知人のほとんどは組織に属しています。

日本のウェブサイトのインターフェースはとても進んでいるので、いまのタイの状況を上手に利用して、タイ人が驚くようなマネタイズできるサービスを展開したいと日々考えてます。

タイの携帯市場2009年

タイの携帯市場ですが、政治不信、景気後退、新型インフルエンザのトリプルパンチで今年はどのキャリアも苦戦中です。

タイの最大手のAISですが、2009年1-3月期の利益が、前年の同期比で10.9%減(45.7億B)、4-6月期の利益が、前年の同期比で33.7%減(42億B)、7-9月期の利益が、前年の同期比で7.7%減(41.8億B)と減収減益が続いています。減益の主な原因は、携帯端末が売れてない事です。

1-3月期は通話料・サービス収入5.5%減、携帯端末の販売収入が31.4%減の20.3億B
4-6月期は通話料・サービス収入6.5%減、携帯端末の販売収入が47.7%減の16.4億B
4-6月期は通話料・サービス収入5.0%減、携帯端末の販売収入が45.3%減の15.9億B
不況下では、携帯電話の買い替えが大好きなタイ人でも、さすがに控えるようです。

キャリアの苦戦がまだ続きそうなので、中古携帯の取引や端末のレンタル、日本のように端末の料金を月額で払うようなビジネスが伸びそうですね。

タイの携帯キャリアについて

タイは日本とは違い、携帯電話と通信を提供する会社は自分で選ぶことができます。

通信を提供している会社でもっとも大きい会社が、シェア44%のAIS(Advanced Info Service)、2位がシェア30%のDTAC(Total Access Communication)、3位がシェア23%のTure Moveです。

1位AISの親会社はタクシン元首相が設立したシン・コーポレーションです。2006年にシンガポールの政府系投資会社テマセクに一部の株が売却されましたが、主要株主はシンコーポレーションの42.7%であり、テマセクは19%の出資比率です。AISはシン・コーポレーションの本体でもあり、タイ有数の時価総額を誇ります。現在の社長はタクシン元首相の妹のインラック・チナワット氏。

2位のDTACは、Total Access Communicationが正式名称ですが、タイ語のDii(良いという意味で、ディー)に略称をつけて、D-TACと呼ばれています。タイの華人系財閥のベンジャロンクン家が1989年に設立し、1995年にシンガポール証券取引所に上場しました。しかし、2005年10月にノルウェーの通信企業テレノール社が出資比率を引き上げ、現在はベンジャロンクン家ではなく、テレノールが経営を握っている状況です。

3位のTure Moveは、タイのコングロマリットであるCPグループ(ロンドン証券取引所上場企業)の系列会社です。CPグループは1921年に訪タイした謝兄弟が植物の種を販売して礎を作った会社で、種→家畜飼料→養鶏業→世界最大の肉鶏業者→世界最大級のエビの養殖と大きくなった会社です。CPグループは、中国にも積極的に投資をしており、中国最大の外資系企業だったりします。アジア通貨危機で大きく痛手を負ったものの、先見性があるんですね。

Ture Moveは、1990年にテレコム・アジアの社名で設立され、1993年にタイ・証券取引所に上場、2001年にテレコム・アジアとフランスのオレンジSA社が合弁してTrue Moveの前身を設立し、2004年にTure Moveとなりました。タイでiPhoneを独占的に提供・販売してます。

Ture Moveは、固定回線・有線などを合わせるとタイ最大の通信業者であり、バンコクの都市部ではTrue のWi-Fiが一杯とんでます。

← 前のページ次のページ →