日本と中国のGDPとPPPなど

「米国債の放出」は中国の切り札にならない、先に倒すべき相手は「日本」

Record Chinaに中国は日本を先に倒すべきという趣旨の記事がありました。個人的には中国人の友人も多く、上海は好きな都市のひとつで、夏王朝から始まる中国の歴史にも興味があり、中国のことは好きだったりします。今回のエントリーは、数字上の話ということで。

実質的に中国のGDP(国内総生産)は日本のGDPを追い抜きました(測定の仕方にもよりますが)。GDPはその国の経済規模を推し量るには確かに有効ですが、本当に大切な数値は一人あたりのGDPを示すPPPです。

2008年の数字ですが、日本のGDPは4兆9,106億ドル、一方中国のGDPは4兆4,016億ドルです。一方、日本のPPPは34,115ドル、中国は5,962ドルです。GDPの数字はほぼ一緒ですが、一人あたりの生産量は6倍~7倍もの差があります。

PPPは日本・中国の平均月収にも反映されていて、日本人の平均月収は314,000円、中国人の平均月収は46,200円です。物価の違いがあるので、一概には比較できませんが、中国は現在の経済規模を5倍くらいまで大きくしないと、国民の平均的な所得は日本と同じ水準にはならないと考えてもよいと思います。

中国のGDPが5倍になるには、中国の毎年の経済成長率を単純に10%と定義しても、最短で20年くらいはかかる計算になります。GDPではなくて、PPPをみないと本質的な国の豊かさは計れないと個人的には考えていますが、如何でしょうか。GDPベースで倒すとか倒さないとかいう議論をするのは意味がないかと。。。

中国人への評価は、中国経済に対する嫉妬や羨望も多分に含まれている気がします。リーマンショック以降のアジア・世界の経済は中国の内需によって支えられている一面があるので、友愛などではなく、現実に即した友好関係を構築すべきですね。

アジア各国のGDP。中国が日本を抜きました

[時事通信: 中国GDP、日本抜き世界第2位へ=世界の工場、巨大市場も魅力]

そんなに驚くことではありませんが、中国GDPが世界第2位となり、日本が抜かれました。日本は40年間ほど世界第2位でしたが、人口が10倍も多い中国には勝てない訳です。来年の中国の実質GDPは9%となる見通しです。中国では内需が拡大し続けており、内需が中国の成長をささえ、対中輸出がアジア各国の経済を支えているという仕組みです。

以下、2010年のアジア各国の実質GDP成長率の見通しです。日本のGDPは1.8%になる見通しです。1.8%は主要なアジア各国の中でも最低水準です。

  • 中国 : 9.0%
  • インド: 7.4%
  • ベトナム: 6.2%
  • マレーシア: 6.1%
  • インドネシア: 5.3%
  • シンガポール: 4.2%
  • 台湾: 3.8%
  • 韓国: 3.7%
  • フィリピン: 3.4%
  • タイ: 3.2%
  • 香港: 2.0%
  • 日本: 1.8%

欧米の企業が東アジアに進出する際、ヘッドオフィスを東京ではなく北京・上海に置くところが増えてます。日本の法人税の納税率が27~29%程度なので、一層のこと期間限定で15%まで下げてみるのはどうでしょう。

ベトナム     : 6.2%
マレーシア   : 6.1%
インドネシア : 5.3%
シンガポール  : 4.2%
台湾         : 3.8%
韓国         : 3.7%
フィリピン   : 3.4%
タイ         : 3.2%
香港         : 2.0%
日本         : 1.8%

モン・ミャオ族のラオス送還について

少し紛らわしいのですが、このモン族はミャオ族のことで、タイ・東南アジアの先住民のモン族とは別の民族です。ミャオ族(苗族)とは漢民族の呼び方で、彼らは自分たちをモン族と呼んでます。
タイ国では1960年から1970年にかけて、モン・ミャオ族がゲリラ活動をしていたこともあり、心象が余り良くないのも事実なのです。
モン・ミャオ族は、中国の貴州省(四川の南・雲南の西)出身の民族で、最古の時代から漢民族と争いながら同化を繰り返した歴史を持ちます。13世紀の元王朝時代に中国の一部となり、明・清時代には貴州・雲南に移住してきた漢民族との争いが頻繁に起きました。中国の同化政策に反対するモン・ミャオ族は清時代に大規模な反乱を起し人口が1/3になったともいわれてます。ある意味、中国の同化政策は歴史のある伝統的な政策ですね。
清王朝の迫害を逃れたモン・ミャオ族はベトナム・ラオス・タイなどに移住します。ベトナム戦争では、CIAがラオスのミャオ族を支援し、同じくラオス共産主義の革命勢力であるパテート・ラーオ(ラオス愛国戦線)と戦わせました。ベトナム戦争で南ベトナムを支援したアメリカが撤退すると、パテート・ラーオが中心となり、1975年に共産主義政府であるラオス人民民主共和国が発足したため、ラオスのモン・ミャオ族は迫害を恐れ、数万人がタイに逃れ難民となりました。
タイで難民となったモン・ミャオ族の間ではドラッグなどの問題が表面化し、タイ政府も手を焼いていたので、今回の決定に至ったのかもしれません。歴史的にはどうであれ、モン・ミャオ族の人がラオスで迫害されることがないと良いのですが、、、、
既に法人起業ブログではなくなってる気がしますが、少数民族の人たちと暮らしたことがあるので、将来的には学校を建てるなり、何らかのカタチで彼らの役に立つことができればと考えてます。

モン族のラオス送還に着手 欧米は中止を要請」 – 毎日新聞

少し紛らわしいのですが、このモン族はミャオ族のことで、タイ・東南アジアの先住民のモン族とは別の民族です。ミャオ族(苗族)とは漢民族の呼び方で、彼らは自分たちをモン族と呼んでます。

モン・ミャオ族は、中国の貴州省(四川の南・雲南の西)出身の民族で、最古の時代から漢民族と争いながら同化を繰り返した歴史を持ちます。13世紀の元王朝時代に中国の一部となり、明・清時代には貴州・雲南に移住してきた漢民族との争いが頻繁に起きました。中国の同化政策に反対するモン・ミャオ族は清時代に大規模な反乱を起し人口が1/3になったともいわれてます。ある意味、中国の同化政策は歴史のある伝統的な政策ですね。

清王朝の迫害を逃れたモン・ミャオ族はベトナム・ラオス・タイなどに移住します。ベトナム戦争では、CIAがラオスのミャオ族を支援し、同じくラオス共産主義の革命勢力であるパテート・ラーオ(ラオス愛国戦線)と戦わせました。ベトナム戦争で南ベトナムを支援したアメリカが撤退すると、パテート・ラーオが中心となり、1975年に共産主義政府であるラオス人民民主共和国が発足したため、ラオスのモン・ミャオ族は迫害を恐れ、数万人がタイに逃れ難民となりました。

タイで難民となったモン・ミャオ族の間ではドラッグなどの問題が表面化し、タイ政府も手を焼いていたので、今回の決定に至ったのかもしれません。また、タイ国では1960年から1970年にかけて、モン・ミャオ族がゲリラ活動をしていたこともあり、心象が余り良くないのも事実です。

欧米人や日本人が考える以上にこの地域の問題は複雑だったりします。ただ、歴史的にはどうであれ、モン・ミャオ族の人がラオスで迫害されることがないと良いのですが、、、、

既に法人起業ブログではなくなってる気がしますが、少数民族の人たちと暮らしたことがあるので、将来的には学校を建てるなり、何らかのカタチで彼らの役に立つことができればと。

タイ・タイ人のルーツ

意外ですが、タイの語源は漢字の「大」で、大(dai)が訛ってタイ(thai)になったというのが有力な説だったりします。
タイ語では「タイ(Thai)」とは、タイ人という意味以外にも「自由」という意味があります。これは「大」という漢字には”立派な”という意味があり、”立派な”が転用され「立派=奴隷ではない」→「自由人」となったようです。
面白いのですが、必ずしもタイ族=タイ人ではありません。タイ族は以前は中国雲南省の南部に住んでおり、先祖は中国の三国志などで有名な「南蛮」と呼ばれた人たちです。三国志時代の孟獲という酋長は、蜀漢から御史中丞という州の長官を監督する官職を与えられたので、漢族とタイ族の混血と一説では考えられてます。
漢民族の移動により、タイ族は雲南省から南下する事を余儀なくされます。タイ族は、いまのメナム側・チャオプラヤー川の下流に移住したシャム人(小タイ族)、ミャンマーへ移住したシャン族、メコン川(現在のタイとラオスの国境を流れている川)の上流に定住した西北タイ族(ユワン族)、メコン川から東へ移動したラーオ族、インドのアッサム地方に移住したアホム族、ベトナム北部や海南島などに移住しました。
メナム側の下流を移動し、先住民族のクメール族を退けてスコータイ王朝を打ちたてたシャム人(小タイ族)です。メコン川を上流移動した西北タイ族はチェンマイを首都としたラーンナー王朝を建国します。ランナー王朝は現在のタイの王朝であるチャクリー王朝(1782年建国)の時代に合併し、シャム人・小タイ族と同化しました。
ちなみに、チェンライを経由してメコン川の東に移動したラーオ族はラーンサーン王国を建国しますが、南詔国(ナンチャオ王国)から移動してきたチベット・ビルマ語族に破れ、現在はラオスやタイのイーサーン(東北地方)などに住んでます。そのため、ラーオ族=ラオス人でもない訳です。
長くなりましたが、いまのタイ人とは、シャム人(小タイ族)とランナー人(西北タイ族)が主として構成された人たちで、彼らがタイを形成しました。

意外ですが、タイの語源は漢字の「大」で、大(dai)が訛ってタイ(thai)になったというのが有力な説だったりします。

タイ語では「タイ(Thai)」とは、タイ人という意味以外にも「自由」という意味があります。これは「大」という漢字に”立派な”という意味があり、”立派な”が転用され「立派=奴隷ではない」→「自由人」となったようです。

これも意外ですが、必ずしもタイ族=タイ人ではありません。タイ族は以前は中国雲南省の南部に住んでおり、先祖は中国の三国志などで有名な「南蛮」と呼ばれた人たちです。三国志時代の孟獲という酋長は、蜀漢から御史中丞という州の長官を監督する官職を与えられたので、漢族とタイ族の混血と一説では考えられてます。

漢民族の移動により、タイ族は雲南省から南下する事を余儀なくされます。タイ族は、いまのメナム川・チャオプラヤー川の下流に移住したシャム人(小タイ族)、ミャンマーへ移住したシャン族、メコン川(現在のタイとラオスの国境を流れている川)の上流に定住した西北タイ族(ユワン族)、メコン川から東へ移動したラーオ族、インドのアッサム地方に移住したアホム族、ベトナム北部や海南島などに移住しました。

メナム川の下流を移動し、先住民族のクメール族を退けてスコータイ王朝を打ちたてたのがシャム人(小タイ族)です。メコン川を上流移動した西北タイ族はチェンマイを首都としたラーンナー王朝を建国します。ランナー王朝は現在のタイの王朝であるチャクリー王朝(1782年建国)の時代に合併し、シャム人・小タイ族と同化しました。

ちなみに、チェンライを経由してメコン川の東に移動したラーオ族はラーンサーン王国を建国しますが、南詔国(ナンチャオ王国)から移動してきたチベット・ビルマ語族に破れ、現在はラオスやタイのイーサーン(東北地方)などに住んでます。そのため、ラーオ族=ラオス人でもない訳です。

つまり、いまのタイ人とは、シャム人(小タイ族)とランナー人(西北タイ族)がから構成された人たちで、彼らがタイを形成してます。陸地続きだと、民族の歴史が複雑系になりますね。。。

中国のインターネット事情と検閲について

今月14日に発表されたニュースですが、中国では個人向けのウェブサイトが原則的に持つことができなくなりました。CNNIC(中国インターネット情報センター)というインターネットの監視を行う政府機関が発表したもので、14日からCNドメイン(cn、.com.cn、.net.cn)の取得も難しくなりました。
CNドメインを取得するためには、営業許可証または組織機構コード証のコピーと、身分証明書のコピーが必要になります。
中国全土ではインターネットの検閲が行われています。中国の検閲レベルは世界一で、約30,000人がウェブやメール、チャットなどの監視を行っていると推測されています。主に政治的なコンテンツの監視が行われており「天安門事件」や「法輪功」、最近だと「チベット」や「ウイグル」などのいまの中国当局にとって余り都合が良くないサイトへのアクセスはブロックされます。
インターネット上を流れるTCPパケットに中国当局が指定するブラックなキーワードが一定の量以上含まれていると、IPアドレス単位で接続が切断されます。数年前だと、ブラックなキーワードで検索を行うと、接続元のIPアドレスがブロックされ一定の間、中国国内のコンテンツが見られなくなってました。
中国のインターネット人口は約3億5000万人で、2009年の上期(1月~6月)で4000万人(11%)もインターネットをする人が増えてます。
今回の個人向けのコンテンツを規制する動きの背景には、中国共産党の政治問題とは別に、増え続けるインターネットの利用者・コンテンツを閲覧する事が厳しくなったからでは?と勘ぐってしまいます。
閲覧についてはある程度は自動化できますが、個々の単語が白か黒かを決めるには、マンパワーが必要になるので、現場の人は大変そうですね。
上海万博が無事終わって、今回の規制も少し緩くなるといいですね。

今月14日に発表されたニュースですが、中国では個人向けのウェブサイトが原則的に持つことができなくなりました。CNNIC(中国インターネット情報センター)という中国のインターネット関連の政府機関が発表したもので、14日からCNドメイン(cn、.com.cn、.net.cn)の取得も難しくなりました。

CNドメインを取得するためには、営業許可証または組織機構コード証のコピーと、身分証明書のコピーが必要になります。

中国全土ではインターネットの検閲が行われています。中国の検閲レベルは世界一で、約30,000人がウェブやメール、チャットなどの監視を行っていると推測されています。主に政治的なコンテンツの監視が行われており「天安門事件」や「法輪功」、最近だと「チベット」や「ウイグル」などのいまの中国当局にとって余り都合が良くないサイトへのアクセスはブロックされます。

インターネット上を流れるTCPパケットに中国当局が指定するブラックなキーワードが一定の量以上含まれていると、IPアドレス単位で接続が切断されます。数年前だと、ブラックなキーワードで検索を行うと、接続元のIPアドレスがブロックされ一定の間、中国国内のコンテンツが見られなくなってました。

中国のインターネット人口は約3億5000万人で、2009年の上期(1月~6月)で4000万人(11%)もインターネットをする人が増えてます。

今回の個人向けのコンテンツを規制する動きの背景には、中国共産党の政治問題とは別に、増え続けるインターネットの利用者・コンテンツを検閲する事が厳しくなったからでは?と勘ぐってしまいます。

検閲についてはある程度は自動化できますが、個々の単語が白か黒かを決めるには、マンパワーが必要になるので、現場の人は大変そうですね。上海万博が無事終わって、今回の規制も少し緩くなるといいですね。

シンガポールでの会社設立

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と色々と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社
設立について色々と。
日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。
会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。
永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。
会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。
会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。
シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

先日、シンガポールの法人の代表を務める方と話す機会があったので、タイではなくシンガポールの会社設立について色々と。

日本での株式会社(非公開)の会社は、シンガポールでは「Pte Ltd:プライベート・リミテッド」に相当します。会社設立には、シンガポールの永住権を有する人であれば、株主と取締役を兼任する1人会社が認めれれています。永住権がない場合には、株主が最低1人、更にシンガポールの居住者(労働許可EPを持つ外国人)の取締役が1人必要です。

会社の登録費用は、会計登記料300Sドル(約21,000円)、会社名申請料が名前1つにつき15Sドル(約1,050円)等、設立確認証明書の発行が必要な場合は追加で50Sドル(約3,500円)となります。会社の登記後には、3ヶ月以内に会計監査人を、6ヶ月以内に会計秘書役を選任する必要があります。年間数万円から会計秘書、登録住所を提供してくれる会社もあるようです。

シンガポールの凄いところは、会社設立の要件をみたせば、24時間以内に法人の設立が可能なことです。また、諸外国と比較してビザの取得が比較的容易です。チャンギ国際空港に行けばシンガポールのビジネスに対する本気の度合いが分かりますが、日本やタイも大いに参考にするべき要素がシンガポールには詰まってます。

シンガポールのデータセンターを使って、タイでサービスを展開するプランも検討中です。

日本にいる外国人

先日、山の手線に乗っている時に、タイ語を話している人達が。旅行者かなと思ったのですが、服装が日本風だったので、日本に住んでいる方のようでした。日本で聞くタイ語は新鮮で、自然に話しかけたくなります。全然しゃべれませんが。。。

2008年日本にいるタイ人は約42,500人。タイには約43,000人の日本人が住んでますが、ほぼ同じ数だったりします。タイから日本への年間の旅行者は約192,000人なので、山の手線でタイ語を聞いたとしても、全然不思議ではないです。ちなみに、日本からタイへの旅行者は年間1,1000,000人。ほとんどの人はバンコクに行くので、バンコクで日本語を聞くのは当然ですね。

日本に居る外国人は約2,200,000人。1位中国650,000人、2位韓国589,000人、3位ブラジル312,000人、4位フィリピン210,000人、、、と続きます。東京には約18%の400,000人が滞在してます。池袋で外国人相手に不動産を斡旋するビジネスをしている知り合いがいますが、年間約60,000人~70,000人のペースで日本に滞在する外国人が増えているので、日本の外国人向けのビジネスは益々成長する市場ですね。

世界はSMSです

タイの携帯がSMSなので「遅れているな~」と思ってしまいますが、実は遅れているのは日本で、世界ではSMS市場が急成長中です。

SMS(Short Message Service)とは、携帯電話で電話番号宛にメッセージを送信、受信するサービスのことです。送信者が料金を払い、受信者は無料で受信が基本です。

日本では相手の携帯メールアドレスが分からない時に、利用されるくらいのマイナーなサービスですが、全世界ではSMSのメッセージ通信が主流です。現在の世界の市場規模は約10兆円で、2011年には17兆円規模にまで成長すると予測されています。

利用者は約25億人(世界の人口が68億3000万人なので3人に1人が利用)、ヨーロッパでは2009年の元旦に1億6000万のメッセージが送信され、イギリスでは2008年の1年間で800億メッセージが交換されたようです。

GSM(デジタル携帯電話の世界基準の通信方法)方式のほとんどの携帯電話事業者が、他のネットワークにメッセージを受け渡すためのゲートウェイを持っているため、キャリアが違ってもSMSの送受信ができます。また、文字コードがユニコードなので、シングルバイトの英語などの言語以外(タイ語や日本語・アラビア語)でもやり取りが容易です。GSM方式のヨーロッパ~東南アジアまでのユーラシア大陸、アフリカ大陸でSMSは普及し続けています。

技術的には日本の携帯メールに分がありますが、世界の人はSMSを使っているので、日本は世界のメール市場から置いていかれている状況です。とりあえず、SMSビジネスに乗っかりたいですね。

海底ケーブル

12月10日 KDDIがGoogleや各国のテレコム系の会社と共同で、日本~シンガポール間のアジア最大規模の海底ケーブル(SJC)を総工費360億円で建設することに合意したそうです(KDDIのニュースリリース)。

日本がハブとなり、シンガポール、香港、フィリピン、インドネシアなどのアジア各国とアメリカを安定して接続するための海底ケーブルです。運用2012年に開始される予定で、初期の容量が17Tbpsで最大23Tbpsまで拡張が可能だそうです。

日本に接続されている国際海底ケーブルは2000年以前のAPCN(10Gbps)、SEA-ME-WE3(40Gbps)、2001年のJapan-US CN(400Gbps)、2010年の春から運用されるUnity(4.8T/最大7.68Tbps)となりますが、SJCは17Tbpsなので、最強の容量を持つ回線となります。Googleが参加しているのもSJCが楽しみな要因の一つです。

日本~シンガポール間が強くなる事は、日本~タイ間のインターネットにも少なからず影響があるので、2012年の運用開始が楽しみです。写真は海底ケーブルの実物です。最先端のデジタル技術は、アナログが支えています。

ホーチミンに来ました

今回の出張がベトナム航空の経由便となるため、本日はホーチミンで一泊です。ホーチミンは風があるのでバンコクと比べると涼しく、とても過ごしやすいです。また、国・人に力があり、道端のちょっとした風景を眺めていても勢いを感じます。

市内では無線LANの環境も驚くほど整備されており、いまもホテルから快適に無線LANを使ってブログを更新してます。

ただ、ホーチミン・ベトナムの弱点は、バイク・自転車の交通量とマナーが悪いところですね。交通整備と電線の数を減らさないとせっかくの街の魅力が台無しになっている気がします。交通整備が進むだけでも観光収入を大幅に上げる事ができると思うのですが、如何でしょうか。

明日からタイ・バンコク入りです。