タイのバンコクで新卒、中途ともに採用中です

タイで会社をはじめて4年弱が経過しました。
増員にともなって現在タイで求人をしております。

・タイ語がビジネスレベルで使える日本人
・日本語がビジネスレベルで使えるタイ人

の方はぜひ手伝ってください。
業務内容は主にお客様や提携先のパートナー企業やフリーランスの方とのメールのやり取りです。

お給料はスキルによって変わります。
ビザやワークパーミットなどは用意します。

また、フリーランスのタイ語翻訳者、通訳者の方も募集しております。バンコク、日本で在宅ワークをしたいという方はお気軽にご連絡ください。

ご応募いただくときには、履歴書と職務経歴書、フリーランスの方は追加で過去の翻訳・通訳の実績などを添えて、info@unimon.co.thまでメールをお送りください。

日米関係・日中関係

何年かぶりに朝まで生テレビを観ました。テーマは日米関係・日中関係。

世界最大のマーケットとなり、益々発言力を増す中国。友愛首相・普天間基地・トヨタ問題でギクシャクする日米関係。さあ、日本はどうすればいいの?という趣旨でした。

結論がでない番組なので、どうすれば良いのかは分からなかったのですが、東海大学教授の葉千栄さん(日本国籍を取得している中国の方)が「中国マーケット、内需拡大は日本にとってはチャンス」「世界での日本の発言力が低下している」と発言していたことが印象的でした。

2008年~2009年上半期で、日本の最大の輸出先はアメリカから中国に変わり、今後ますます日本の市場戦略は対中国の重要性が増します。タイ・バンコクにいると良く分かるのですが、リーマンショック以降、日本の影響力の低下が顕著になったな~、と色々な人と話していると感じます。

日本人としては少し残念な気もしますが、日本の発言力・影響力が低下することは仕方がない事なので、アジアにおいては中国を意識した企業戦略をもっと具体的にしないとダメだと考えています。

日本のリーダー(首相)は「首相になること」が目的で、首相になって「どんな成果を出すか」がスッポリ抜けている気がします。一国の首相が「友愛」という姿勢で外交に挑むのは、あらゆる交渉で自らの立場を悪くしているだけだと思います。直接選挙で日本のリーダーを選ぶ仕組みが欲しいところです。

葉千栄さんはユーモアに富み、和して相手の発言を制する姿勢にかなり好感が持てました。日本の政治家も、もっとユーモアのセンスがあると、物事がスムーズに進むかもしれません。

タイのモバイル市場

タイの携帯の普及率は52.8%らしいです。日本の携帯普及率が96%なので、日本と比較するとまだまだ普及していない感があります。タイは日本と異なり、決定的な格差社会なので、携帯の普及率もある一定の水準に達するとなかなか伸びない気がします。

携帯の音声はそれなりですが、問題なのは携帯でのメール交換です。相変わらずSMSです。電話番号を直接宛先に入力してメールを送るヤツです。日本では相手のメールアドレスが分からない時くらいしか、利用しないと思いますが、タイではこの音声通信の延長上のSMSが主流で、電話で直接話すよりも通話料が高いという代物です。

インドネシア・ベトナム・中国に遅れること1・2年弱、タイでも3Gの普及が徐々に本格化しているのをバンコクにいると感じました。去年から街中でiPhoneを持っている人を何人か見かけるようになり、今回の訪タイでもiPhoneを操作している人を何度かみかけました。

タイのAISなどの主要な通信会社が3Gを安く提供するタイミングで大きなビジネスチャンスが到来する予感がしてます。タイでiPhoneアプリを開発している会社も今回訪問しました。